脱毛を検討している方へ/永久脱毛・医療脱毛・フラッシュ脱毛・家庭用脱毛器

 

永久脱毛とは



永久脱毛とは正確に言うならば医療行為として
医療機関でのみ行う脱毛方法のことを指します。

ニードルを使用した針脱毛や医療用レーザーを使用した脱毛方法であり、
エステで行うものは原則
永久脱毛とは呼ばれません。

これはニードルもレーザーも医療用であれば出力を
上げられたり麻酔を使ったり、万一トラブルが
発生した際には即座に医療従事者が手当を行えるため
法による区別化がなされているのです。

エステには医療従事者が常駐していないので
脱毛機器から異なり、
出力を下げて対応しているのです。

しかし厳密に言えば永久脱毛と謳ってはいるものの
医療用レーザー脱毛等は発明されてから
まだ歴史が浅くまだまだデータが不足していて
永久脱毛とは完全に認められていません。

現在唯一完全に認められているのはニードルを
使用した脱毛のみとなりこちらは歴史が長く
100年ほどのデータから永久性を認めているのです。

ですがエステの機器機能も日々向上しており
永久脱毛とは謳えずともそれに
近い効果を発揮しているところもあります。

永久とはいえ全くの無毛とはならないのですから
どこで線引きをするか
じっくり検討するのもいいかもしれません。


医療機関脱毛と、エステ脱毛の違い



脱毛をしようと健闘した時、医療機関にするか
エピレや、銀座カラーなどの、エステにするかで悩んでしまうことはありませんか。

それでは両者はどのように違うのでしょうか。
脱毛サロン比較ランキングサイトなどを
参考にするのもいいと思います。


まず永久脱毛という呼称は美容外科や
皮膚科といった医療機関で行う
脱毛にしか認められていません。

永久と謳えるだけの強い出力での治療や
専門知識がいる処置を必要とするからです。

また個人差はあるもののその強い出力での施術から
エステに比べると短期間で終わることが
多く精神的負担は少ないです。

なにより施術に伴ってトラブルが発生した場合に
すぐ処置をしてもらったり、薬を処方してもらえたり、
脱毛の痛みに対して麻酔を使用してもらえるのも
医療機関ならではの利点といえます。

そのため火傷や色素沈着といった
施術後の肌トラブルはエステでの施術より起こりにくいです。

対してエステの方は永久脱毛という呼称は使いません。

最終的な効果を感じるまでの時間も
医療機関に比べると倍以上かかることもあります。

ではエステの何がメリットなのでしょうか。

それはなんといっても価格が安いことです。

広告を見ると小銭レベルの値段が
掲載されていることもあります。

もちろん最後まで付き合えばそれなりの金額は必要になりますが、
それでも医療機関よりはずっと安価です。

また効果も永久ではないもののきちんとありますので、
例えば夏を乗り切る程度なら満足できる域に
すぐ達する人もいるでしょう。

ですのでまずは自分のお財布と相談して
自分に合った選択をするのがいいのではないでしょうか。



家庭用脱毛器の現状



家庭用脱毛器を初めて購入しようと考えたとき、
安くない買い物ですので絶対に失敗したくないと
思われる方がほとんどです。

エステに通うよりも手軽に安価で脱毛したいと
誰もが考えてしまいます。

自分で時間を調整し、手軽に行えることが
家庭用脱毛器のメリットだからです。

では綺麗に脱毛するにはどういったものを
購入すればよいのでしょうか。

家庭用脱毛器は大きく分けて3種類の人気がある脱毛方法があり、
それは
フラッシュ式、
レーザー式、
サーミコン式
の3種類です。


それぞれ特性があるので自分の欲しい家庭用脱毛器が
どれに属するのか自分の目的と合っているのかを
考える必要があります。

まずフラッシュ脱毛器は他に比べて痛みが少なく
照射面積が大きいのが特徴です。

個々の機種によって照射面積は変わりますが、
かかる時間も例えば両ワキで10分程度と
圧倒的に短いのが売りといえます。

次にレーザー脱毛器は皮膚にはほとんどダメージを与えないのが
大きなメリットですが、フラッシュに比べると
熱さや痛みを多少感じます。

また照射面積が非常に狭いため、
広範囲は時間がかかるのも難点ですが逆にピンポイントで
綺麗にしたいときに効力を発揮します。

最後にサーミコン脱毛器は熱線を毛に当てて処理する機種で
肌ダメージとしては他の2種より高いといえます。

しかし他の家庭用脱毛器と比べてとても安価で
購入でき即効性があるのが大きなメリットです。

自分に合った家庭用脱毛器を
使い綺麗な肌をめざしましょう。